チラシから厚手のDMまで

インク

用途に応じて種類を選ぶ

一口にフライヤーと言っても、用紙の種類や厚み、加工の種類などによって手に取る人の印象も大きく変わってきます。そのためフライヤー印刷を業者に依頼するときには、その種類について押さえておくことが肝要です。最初に知っておきたいのが用紙の種類についてです。印刷会社のフライヤー印刷で使用される用紙には、コート紙やマットコート紙、上質紙などがあります。コート紙は名称通り、表面がコーティング加工された用紙です。ファッション関連の広告など、写真やイラストなどを多用する場合におすすめです。マットコート紙はコート紙よりもやや光沢を抑えた用紙です。上質紙はコーティングがされていないコピー用紙のような紙質で、コスト面で安いのが魅力です。またフライヤー印刷は、用紙の厚みも重要になってきます。厚みの種類は紙1,000枚あたりの重量で分けられています。70kg以下のものは新聞の折り込み広告などで用いられるもので、ペラペラした印象がありますがその分コストも安いのが特徴です。70kg以上135kg以下の用紙は一般的なフライヤー印刷では多用されているもので、手にとった感触もしっかりしています。それ以上の重さは厚手のフライヤーに分類され、チラシだけでなくポストカードやDMなどにも使われます。そして最後に押さえておきたい種類が、加工についてです。印刷会社に発注したフライヤーは折り加工やミシン目加工、ナンバリングを入れるなどができます。用途に応じてこれらの加工の種類を利用することで、さらに目的に合ったフライヤーを作成可能です。