印刷機

イベントの告知や集客に

告知や宣伝をしたいときに使えるのがフライヤーと呼ばれるものです。専門に作っているフライヤー印刷業者があるので、そちらにお願いするとコストがかからず美しい印刷物を得ることができます。きれいなデザインに仕上げたいという目的にも使えます。

PRINT

絶対に避けるべき業者

フライヤー印刷を依頼する際にはそのコストについて明確化どうかチェックしましょう。他にもプランに気をつけたり、どのようなレビューがあるかもポイントです。対応がしっかりしているかも選ぶ際にはチェックしたいところ。

インク

チラシから厚手のDMまで

印刷会社の提供するフライヤー印刷は、用紙や厚みなどによって様々な種類があります。用紙の種類はコート紙や上質紙などがあり、厚みの種類は1000枚分の重量で分類されていますが、もっともリーズナブルなのが折り込みチラシ向きの70kg以下の用紙です。また加工の種類も多様で、折りやミシン目加工などが選べます。

印刷機

満足のいくものができる

フライヤー印刷は専門業者に頼むと費用がかかります。しかし、専門業者に発注するからこそ、スピーディーに満足のいくものが出来上がってきます。業者の数はたくさんあるので、いろいろな視点から比較して発注しましょう。

印刷物

印刷コストも意識する

印刷会社にフライヤー印刷を発注するときに注意したい点は以下のようなものがあります。1つ目がデータ入稿時の塗り足し忘れなどの不備、2つ目が単価を考えた印刷コスト、そして3つ目が印刷方法の違いについてです。

人気のワケについて

広告

だから人気が高いのです

フライヤー印刷はフライヤー印刷会社に頼むことで気軽にしてもらうことができます。フライヤー印刷会社に頼むことによって特殊なフライヤーも作成してもらえますが、一体どうしてこのようなサービスは人気が高いのでしょうか。これにはいろいろな理由があります。例えば、フライヤー印刷はビジネス用途だけでなくプライベートな目的でも可能です。例えば、「パーティーをするから特別なフライヤーがほしい」なんて際にも依頼することができます。他にもフライヤー活用のシーンは実に多いですが、このようなこともフライヤー印刷が人気な理由になっています。他にもフライヤー印刷をしてもらうことによってより高品質なフライヤーができあがります。最近ではフライヤー作成テンプレートなどもフリーで手に入り、素人でもそれなりのフライヤーは作成可能です。とはいえ、素人が作成したフライヤーはどうしても品質という点ではプロが作成したものに劣ります。だからこそより良いフライヤーがほしい際にはやはりプロの業者に任せるのが一番なのです。フライヤー印刷はコストがより安くなっていることもその人気の理由でしょう。最近では一枚あたり数十円でできますし、最安業者によっては数円で印刷してもらえることも。これだけ安ければ大量に依頼してもそこまで問題ありません。このようなコストの安さとともに納期が早いことも他のサービスよりフライヤー印刷の人気が高いわけになっているのです。